デリケートゾーンの肌トラブルの原因と直し方

女性の体の部分の中でも特にお手入れが難しいのがデリケートゾーンです。
デリケートゾーンの痛みと炎症の悩みは人に相談するのが恥ずかしく、自分ひとりで抱え込みやすい問題ですよね。
ナプキンや下着のこすれでデリケートゾーンが痛みを感じるなら塗り薬を使ったり、保湿を施すことでカバーできます。
性器ヘルペスが痛みの原因の場合は医師に相談して薬を処方してもらうのといいでしょう。

また、デリケートゾーンは体の他の部分より肌が弱い上に、ストッキングや下着で圧迫されやすいです。
密閉された時間が続くと高温多湿の環境で蒸れ出し、汗がたまると雑菌がどんどん繁殖していきます。
この雑菌が外陰炎の主な原因で、放っておくとデリケートゾーンが炎症を起こしてしまうのです。

外陰炎になったらフェミニーナ軟膏やデリケアなどの市販薬で治せますが、やはりあらかじめ予防しておくのが大事です。
そのために必要なのは、なんといってもデリケートゾーンを清潔にしておくこと。
おりものや経血も雑菌のエサになるので、ナプキンは気持ち早めに新しいものと取り換えた方が安全です。
新しいナプキンと一緒に保湿クリームをデリケートゾーンに塗っておくとより効果的ですね。

そして、バスタイムではボディーソープではなく、デリケートゾーン用のソープで作った泡で陰部を包んでから洗い流すのをお勧めします。
普通のボディーソープでは洗浄力が強すぎて雑菌だけではなく乳酸菌まで洗い流してしまうからです。

デリケートゾーンは外陰炎だけでなく、臭いや黒ずみなど、沢山のトラブルと隣り合わせになっています。
お手入れが大変な個所ですが、うまくケアして清潔にできればそれだけで自分への印象が大きく変わります。
デリケートゾーンの臭いや痛み、外陰炎がコンプレックスになっている方は、逆に「これさえ治せば自分のことが好きになれる」と前向きに捉えましょう。