プラビックス プロスタグランジン

そして、COX-2はプロスタグランジンI3(PGI3)に供給されます。
どこで活動が血管壁から遠ざけられるので、行動と血小板凝集減衰を血管拡張に提供します。
それは保険適合を受け入れられませんでした。
しかし、処方は脳梗塞と冠状動脈性心臓病によって受け入れられるようになりました。
バファリンR(81mgの低用量(鎮痛剤330mg)としてそれを使うとき)とバイアスピリンピリンRは、有名です。
医療がありうるPGI2派生物製剤とPGE1派生物製剤以外の静脈内投与して
clot.Anのために口頭の製剤がPGE1派生物製剤limaprostアルファ・テックス
(オパール・モンR、プロレナールR)とPGI2派生物製剤ベラプロスト(ドルナーR
専門のサイ・リンR)を含むことを私が推測するので、食べて静脈内でない注射で
lipo化製剤に与えることができる口頭のプロスタグランジン製剤があります。

ベラプロストに関しては、肺高血圧は適合をします。

そして、limaprostアルファ・テックスが脊柱狭窄のために使われるかもしれません。
彼らが血小板凝集アクションの弱いTXA3に新陳代謝するので
その結果、魚油EPAまたはDHAは血管拡張と抗血小板物質アクションを示します。

プラビックス 血管攣縮プラビックス 抗血小板剤